デス・バレー

デスバレー国立公園はアメリカの国立公園の中で最も暑く、最も乾燥した地域で、海抜0m以下の地点を含んでいます。(海抜下86メートル)。総面積は、ほぼ長野県と同じで13,158平方キロメートルあります。デスバレー国立公園内には過酷な砂漠環境に適応した多くの種の動植物(哺乳類、爬虫類、魚類、鳥類、植物、等)が生息しており、クレオソート・ブッシュ、ビッグホーン、コヨーテ、デスバレー・パプフィッシュなどを観察することができます。デスバレー (Death Valley 死の谷) という地名は、ゴールドラッシュさなかの1849年、カリフォルニア州にある金鉱地へ向かっていたグループが近道をしようとしてこの谷に迷い込み、数週間さまよった末にメンバーの数人が酷暑と水不足によって命を落としたことに由来しています。過酷な気象条件がつくりあげたアメリカが誇る大自然美をお楽しみください。

■ デスバレーへのツアーリスト
ラスベガスから 車で行く デスバレーツアー


星と朝日
ラスベガス発  朝日 車移動 朝食 半日
【サンライズ】デスバレー国立公園星と朝日の半日ツアー
【価格】お一人様 $185
朝日が昇る前に砂漠に降る満天の星を満喫します。デスバレー国立公園内ダンデスビューポイントにて黄金に輝く朝日を体験します。
■ 集合時間 2:30~3:00 ■ 所要時間 10時間    >>詳しく見る


マンザナール国定史跡+デスバレー+シェラネバダ
ラスベガス発 車移動 日帰り
マンザナール国定史跡(日系アメリカ人強制収容所跡)とデスバレー国立公園とシェラネバダ山脈アメリカ本土最高峰ホイットニー山を望む1日観光
【価格】お一人様 $235(4名様以上参加)【価格】お一人様 $350(2名様参加)【価格】お一人様$300(3名様参加)
マンザナール国定史跡(日系アメリカ人強制収容所跡)の見学と東シェラネバダ山脈アメリカ本土最高峰ホイットニー山(4461m)をローパインから眺望します。途中でデスバレー国立公園を観光します。第二次世界大戦中にアメリカ西海岸に住んでいた12万人の日系人は全て10箇所の強制収容所に分かれて収容されました。その1つがマンザナール強制収容所でした。当時の日系アメリカ人の強制所での暮らしを是非ご覧下さい。ラスベガス出発でマンザナール国定史跡やホイットニー山の観光は弊社だけのオリジナルツアーです。ラスベガスに何度も訪問されているリピーターの方または歴史に興味のある方にお勧めのツアーでもあります。マンザナールの正式な名称はManzanar War Relocation Centerといいます。TBSドラマ橋田壽賀子さん脚本の「99年の愛~Japanese American」や山崎豊子の小説で「二つの祖国」、この小説を原作としたNHK大河ドラマ「山河燃ゆ」又は映画「マンザナールよさらば」の舞台となった場所です。
■ 集合時間 5:30 〜 6:00 ■ 所要時間 13時間  >>詳しく見る


夏季限定
ラスベガス発 車移動 1泊2日
夏季限定!世界遺産ヨセミテ国立公園とデスバレーも行く1泊2日
【価格】お一人様 $849(3名様以上でお申込み)【価格】お一人様  $1099(2名様でお申込み)世界遺産ヨセミテ国立公園とデスバレーも行く1泊2日のツアーです。

ヨセミテ国立公園へ行くためにはタイオガロード(Tioga Road)を利用します。 タイオガロードは積雪のため、5月から10月の半年の間だけ開通しています。開通期間は毎年違います。 ヨセミテツアーはこのタイオガロードの道路開通により催行可能日が決定します。

■ 集合時間 4:30~5:00 ■ 所要時間 2日間   >>詳しく見る